業務の内容ばかりではない

仕事をする上で職場環境はとても大切なことです。
給料が良いから、仕事の内容が良いから、と良いことが多くても職場環境が劣悪では仕事も長く続けることが難しくなってきます。
やはり長く同じ企業で勤めることが出来る方が、生活の安定にも良いです。
プログラマを取り巻く環境が良いという話はあまり聞きません。
むしろあまり良くないイメージの方が強いのではないでしょうか。実際はどうでしょう。全てのプログラマが劣悪な職場環境で働いているとは思えません。

中には十分な環境の元で仕事をしているプログラマもいます。もちろんプロジェクトに参加していて、その業務内容によっては深夜までの残業が続いていたりすることもあるようです。ですがそれもプロジェクトの期間に限られていて、プロジェクトが終了すると時間に追われる仕事は一旦落ち着くようです。
このような話を聞くと年間を通して劣悪な環境で働いているプログラマはそうそういないのではないか、と思えます。

もしも長期間に渡って職場環境が良くない状況が続いているとしたら、大掛かりなプロジェクトなのか、またはそのような職場なのか、と思えてきます。
もしもプロジェクトの期間だけ条件が悪いのであれば、一般的な職場かもしれません、。
ですが関係なく同じ状況が続いているのであれば、転職を考える方が良いかもしれません。もちろんその時はプロジェクトの区切りで退職をしなくては、他の人に迷惑をかけてしまいます。

関係ないと思いがちですが、業界は広いようで狭いので、同じ地域で転職をする時にどのような影響があるかわかりません。
出来るだけわだかまりのないように転職をする方が良いと思います。理由としてはキャリアアップしたい、というのが無難でしょう。転職を考えている人はまずこちらを見てみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です